即日融資もしてくれる大手のキャッシング会社なら

急に現金が必要になった時に、助かるのがキャッシング会社です。

 

審査が厳しい銀行系のカードローンでは借りることができなかった、困っているという時に、審査基準が違う大手の消費者金融系がねらい目です。

 

迅速な対応で融資を考えてくれる会社なら困った時に助かります。。

 

申し込みの時間に締め切りがあるので、きちんと確認して申し込むすることが大切です。

 

平日の午前中に申し込みするのが余裕があってベストです!


急いでいる方へおすすめの会社はここ!

プロミス   30日間無利息サービスが人気

SMFGグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは街中でもおなじみの会社です。平日の14時までにWEBの申し込みが完了すれば借りることができます。最近金利も下がってより使いやすくなりました。初めてプロミスを利用するときは30日間無利息のサービスもあり(※プロミスポイントサービスにお申込みされた方対象)、返済もコンビニのATMからできるので、どこにいても利用できるのも魅力です。

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。

 

【締切時間】 平日14:00までに契約完了
【実質年率】4.5%〜17.8% 【利用限度額】1〜500万円

 

プロミス 詳細はこちら

 

モビット お試し審査で10秒で結果がわかる!

モビット

モビットは審査が早い点で人気があります(ただあくまで事前審査なので注意しましょう)。学生や主婦の方でも安定した収入があれば、借りられるので便利です。
三井住友銀行グループのモビットですが、WEBからの申し込みなら電話も郵便もなしのスピード契約がポイントです。
三井住友、三菱東京UFJ銀行に口座がある方なら当日に振り込んでくれることもできます。
※審査結果によっては、ご希望に 沿えないこともございます。

 

【締切時間】 平日14:50までに振込手続き完了
【実質年率】4.8%〜18.0% 【利用限度額】1〜500万円

モビット 詳細はこちら

レイク 5万円以下なら180日間無利息

新生銀行グループのキャッシング会社がレイクです。TVCMでおなじみでリピーターも多い会社です。「5万円以下なら180日間無利息」「30日間無利息」とお得に借り入れができるサービスも充実!スマホからの申し込みでスピーディに借りることができるのでお急ぎの方にも人気です。保証人も不要です。

 

【締切時間】 平日14:00まで
【実質年率】4.5%〜18.0% 【利用限度額】1〜500万円

レイク 詳細はこちら

カードローンとキャッシングの違い

 

 

即日融資してくれる優良キャッシング会社はここ!

両者とも、それぞれにサービス内容を拡大した結果、ほとんど同じようなものになっています。
が、本来は別々のものです。

 

まず、カードローンです。
「ローン(loan)とはもともと「貸し付け」のことをいいます。
たとえば、「loan shark」といえば、「高利貸」の意味です。
で、単に「ローン」といった時は、貸し出されるのはある程度まとまった金額で、使い道がすでに決まっているものをいいました。
住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなどです。少なくとも数十万円、多いと数千万円かそれ以上です。
ですから、一度には返せないのが普通ですし、そういう金額に限って借りていました。
ですから、「一括払い」ではなく、分割払いやリボ払いになるは必然です。
このローンを業者の方で「細かいこと考えなくていいですよ。もっとも便利に使ってください」と用意したのが、「カードローン」です。
「引き出しや返済に便利なように」と、カードになりました。お金の使い道も、「今までの範囲より広げましょう」とか、「別に何に使ってもらってもいいですよ」ということになりました。
その結果、旅行資金、歯の治療費、結婚式場の費用などでも使えるものが出てきているのです。

 

一方の「キャッシング(cashing)」とは単に「お金を引き出す行為」のことをいいます。
特にATMやキャッシュディスペンサーから引き出すことをいうことが多いです。
何に使うかの業者側からのチェックはありません。
引き出したお金の返済は、元々は一括払いが普通でした。
が、今では分割払いやリボ払い可能なところが増えています

 

キャッシングの利率

 

即日融資してくれる優良キャッシング会社はここ!

キャッシングの業者にとって、利率が低いのは業者にとって最大のセールスポイントになるでしょう。

 

よくテレビのCMや雑誌・ネットの広告でも「○パーセント」なんて強調されています。

 

が、気を付けましょう。実際に利用し始めてみると、これよりも高いことがほとんどです。
宣伝されているのは、あくまで「もっとも低い場合」です。

 

各人の利率は、審査をして、その人の返済能力などに応じて決定されます。

 

かつては、キャッシングの金利は「グレーゾーン金利」などと呼ばれました。
利息制限法で規制するべきか、出資法で規制するべきかが、あいまいでした。
現実には、より高いほうの出資法の29.2パーセントを上限と考える業者が大半でした。

 

さらには、この規制さえ無視して、さらに高い金利を設定するヤミ金業者もいました。
2012年にこの法律の不備が整えられ、上限は20パーセントとなっています。

 

たとえこの20パーセントまでは行かなくても、キャッシングは結構な高金利です。
ちゃんと自分の返済能力を考えて利用しないと、返済していっているつもりが、一向に残金が減っていない、ということにもなりかねません。

 

また、最近では、特に「低金利キャッシング」と銘打ったものも見受けられます。
もちろん、金利が低いほど返済が楽になります。が、審査はその分、厳しくなるのは仕方がないところでしょう。
また、名ばかりの低金利もありますので、しっかりと数字と向き合うようにしなければなりません。

 

 

主婦でもキャッシングはできますか?

 

2010年以前は、主婦のキャッシング契約は簡単でした。

 

業者の方もそれほど厳しい審査はしなかったのです。

 

が、返す当てもないのにお金を借りる主婦が続出しました。

 

そもそも借金をしていること自体が夫に内証。返済が苦しくてもだれにも相談できない。その返済のためによその業者からまた借りる……なんてことをしてしまう人だっていました。

 

で、夫や家族が気がついたときには、すでに協力しても返せない額になっていて、残る道は自己破産なんてことだって聞かれました。

 

で、法律が厳しくなり、総量規制が導入されました。

 

これは無担保でできる借金の総額は年収の3分の1まで、ということになりました。

 

こういうルールですから、たとえ主婦ということになっていても、仕事も持っている、パートやアルバイトでそこそこの収入がある、という場合はキャッシングの加入審査はそれほど問題はありません。

 

問題は自身にほとんど収入がない場合です。この場合は、夫の信用力で審査してもらうことになります。

 

手続きには結婚していることを証明する書類、同じく夫の収入を示す書類などが必要です。

 

つまり契約するのが妻であっても、審査の対象が夫になるのです。

 

この形になったおかげで、収入もない主婦が夫も知らないままキャッシングの契約をし借金を膨らませる可能性は少なくなりました。

 

が、手間が余分にかかるようになったことは確かです。

 

また、夫の年収が低い、仕事が不安定だといったことになれば、この形でも審査に落ちるのは言うまでもありません。

 

お金が返せなかったらどうなる?

カードキャッシングやカードローンの金利は高いです。

 

法律の改正で上限が20パーセントに抑えられるようになりました。が、それでも重い負担になるでしょう。

 

で、この借金の返済が期日通りにできなければどうなるのでしょうか。

 

怖いお兄さんたちが家に来て、家族みんなが震え上がる……というのは、だれもが知っているような大手の業者ならば、まずはないでしょう。というのは、法律でしっかりと禁止されているからです。

 

が、ヤミ金と呼ばれるようなところであれば、この限りではありません。そもそも法律など関係ないところで動いているのですから。

 

最初は郵便などで督促されるぐらいでしょう。訪問や電話はいずれあるでしょう。それほど激しいものではないはずです。

 

最後は裁判になってしまう可能性もあります。

 

そうなる前に自分から業者の方に相談してみるのが順序でしょう。一回当たりの返済額を減らすなどの変更はしてくれるかもしれません。

 

また、返済が遅れるようになると、信用情報として記録に残ります。

 

これは各金融機関がデータを持ち寄って、共有している借金状況の情報です。

 

つまり返済が滞っているのはほかの業者も知ることになります。

 

これで新しく貸してくれる業者がいても、おそらくはまともなところではないでしょう。

 

自己破産などは業者にとっては踏み倒しと同じです。貸したお金が返ってこないのですから。この記録もしっかりと信用情報として残ることになります。

銀行系カードローンと消費者金融の関係は?

銀行系のカードローンでお金を借りるときには、担保や保証人は必要ありませんが、個人の信用情報の審査などは必要になります。
銀行系のカードローンは、貸した後にお金が返済されない可能性も考えて、保証会社との提携をしています。

 

もし、貸したお金が返済されなかった場合、保証会社が肩代わりして銀行にお金を返済することになります。
そのため、銀行系のカードローンに申し込むと、保証会社の審査も必要になります。

 

保証会社が肩代わりした場合、借りた人は返済しなくていいわけではなく、保証会社に直接返済することになります。
この保証会社というのは、消費者金融のとこです。

 

消費者金融に返済することになった場合、一度信用を失っているため返す人にとって不利な条件の上での返済となります。
消費者金融によっては分割での返済を認めず、一度に支払いを請求してくることもあります。

 

また、分割が認められたとしても、金利がかなり高くなります。

 

銀行系のカードローンは審査が厳しい代わりに金利が安いのですが、ちゃんとお金を返すことができないと、結局金利が高い消費者金融を利用することになるのです。
銀行系のカードローンはそれぞれ保証会社を持っています。

 

たとえば、三菱UFJ銀行はアコム、三井住友銀行はSMBCコンシューマーファイナンス、みずほ銀行はオリエントコーポレーション、りそな銀行はオリックス・クレジット、新生銀行は新生フィナンシャル、イオン銀行はイオンクレジットサービスといった具合です。

 

 

更新履歴